Word文書では左端をキッチリ揃えて綺麗な見た目をつくろう【タブとインデントの使い分け】

Word文書では左端をキッチリ揃えて綺麗な見た目をつくろう【タブとインデントの使い分け】

Word文書の見た目

ビジネスの場で多くの重要な書類はWordで作成されます。

見た目の綺麗な文書はそれだけで信頼性が高まります。

逆に、ズレや歪みがひどい文書は本当に大丈夫か不安になってしまいます。

今回は文書の例として、下図のような送付状を用意しました。

文章内にある内容物一覧の左端が揃っていません

これはスペースキーで空白を作って揃えようとした際によく発生します。

半角スペースと全角スペースが混ざった場合などに起きやすいです。

Wordでは左端を揃える際には、スペースではなく「タブ」と「インデント」を使い分けることを推奨しています。

それぞれの使い方を解説します。

インデントを使って左端を揃える方法

まずはインデントの使い方を解説します。

インデントとは字下げのことです。

左端を揃えたい文章を選択し、「ホーム」タブの「段落」グループ内、「インデントを増やす」を選択します。

インデントが挿入されました。

左端が1文字分だけ移動して、文章が揃いました。

インデントを1クリックで1文字分、2クリックで2文字分だけ行頭(左端の空間)が移動します。

タブを使って一定のラインに揃える方法

続いてタブの使い方を解説します。

タブは左端だけでなく、行の途中も一定のラインに揃えることができます。

揃えたい位置にカーソルを置き、「Tab」キーを複数回押して調節することで文章が移動します

上図のように、文章の途中もすべて一定のラインに揃えることができました。

このように、行の左端を揃えるか、途中も揃えるかによってタブとインデントを使い分けることで綺麗な文章を作成できます。

まとめ

タブとインデントの使い方について解説しました。

  • Word文書の左端はスペースだけだとズレることがある
  • インデント(字下げ)で左端を揃えることができる
  • 「Tab」キーで行の途中も一定のラインに揃えることができる

本サイトでは多くのWordスキルを公開しています。

(Visited 21 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。