PowerPointで図形・文字が選択できないときは【スライドマスター】を確認しよう

PowerPointで図形・文字が選択できないときは【スライドマスター】を確認しよう

オブジェクトが選択できない!

PowerPointでよくあるトラブルに「文字や図形などのオブジェクトが選択できない」というものがあります。

下図のようにスライド内のロゴやページ番号などを編集したいけど、クリックしても選択できない。

自分以外の誰かが作ったデータを使用する場合によく発生します。

PowerPointの重要な機能「スライドマスター」を使いこなすことで簡単に解決します。

スライドマスターを使いこなす

スライドマスターの使用方法

表示」タブから「スライドマスター」を選択します。

スライドマスター機能に切り替わりました。

先ほどまで触ることができなかったロゴやページ番号が編集可能になりました。

編集方法は通常時と同様です。

ホーム」タブや「図形の書式」タブからオブジェクトの色や大きさを変更できます。

スライドマスター使用時の注意点

スライドマスターは便利ですが、慣れていないと操作ミスが起こりやすいです。

注意したいのが「スライドマスター内で本文を作成しない」ことです。

例として、下図のようにスライドマスター内で本文を作成してしまった場合。

この状態でスライドマスターを閉じます。

スライドマスターの終了は「スライドマスター」タブから「閉じる」を選択します。

すると次のような画面になりました。

ここで問題点が2つ発生しています。

何と何でしょうか。

正解は以下の2点です。

ミス①:タイトルを書式設定の部分に記入してしまった。

これではスライドマスターの画面でしか反映されません。

よってタイトルが消えてしまいました。

ミス②:本文をスライドマスター内で記入したことで選択できなくなってしまった。

これでは編集する度にスライドマスターの画面に切り替えなくてはいけません。手間がかかります。

スライドマスターはあくまで全体のデザインを整える機能です。

本文を作成する際は必ずスライドマスターを閉じましょう。

もし間違えてスライドマスター内で本文を作成してしまったら、オブジェクトをコピーしてスライドマスターを閉じた後にペーストしましょう。

テーマのデザインも編集可能

スライドマスターの応用として、PowerPointのデザインテンプレートの編集も可能です。

デザインテンプレートは気軽に使えるので人気があります。

特によく見かけるのが以下のデザインです。

  • テーマをそのまま使うより少しだけオリジナリティを加えたい
  • 本文と重なって読みづらい図形を少しだけ動かしたい

こうした場合にスライドマスターが便利です。

デザインを設定した状態でスライドマスターを開きます。

デザインテンプレートは基本的にグループ化された図形の組み合わせなので、容易に編集することが可能です。

スライドマスターを攻略することがPowerPointのデザインの第1歩ともいえるでしょう。

Powerpointデザインは奥が深く、3Dデザインだって可能です。

まとめ

スライドマスターの攻略方法について紹介しました。

  • オブジェクトが選択できない原因は基本的にスライドマスター
  • スライドマスターは全体のデザインを整えるのに適している
  • スライドマスター内で本文を作成しないこと
(Visited 3,578 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − 9 =