【PowerPointデザイン】3Dイラストを図形の組み合わせで作成する方法

【PowerPointデザイン】3Dイラストを図形の組み合わせで作成する方法

PowerPointで3Dイラストを作る

PowerPointでは図形を組み合わせて多くのイラストやパターンを描くことができます。

図形は平面だけでなく、「奥行き」を活用することで立体図形も表現できます。

下図のような3Dイラスト程度であれば容易に描くことが可能です。

フリー素材のように見えますが、私が計15個の図形を組み合わせて作成したものです。

製作時間は5分少々です。

慣れていれば3DCADで作成するよりも容易です。

3Dイラストの作成方法

図形の奥行きを指定して立体化する

まずは基本図形となる長方形を作成します。

図形をクリックし「図形の書式」タブから「図形の効果」を選択します。

続けて「3-D回転」、「等角投影:左下」を選択します。

図形が傾きました。

この時点ではまだ立体図形というより平行四辺形です。

図形を右クリックから「図形の書式設定」を開きます。

図形のオプションで「効果」を選択し、「奥行き」のサイズに任意の数値を指定します。

図形が立体的になりました。

立体図形を編集する

立体図形は高さ・幅と奥行きの編集方法が異なります。

図形の「高さ・幅」は「図形の書式」タブの「サイズ」グループに、

奥行き」は「図形の書式設定」ダイアログ内「効果」の「奥行き」で編集します。

奥行きは「cm」ではなく「pt」で表示されていますが、cmで入力できます。

下図の「20cm」のようにcmを含めて入力します。

Enterを押したらpt表示に切り替わりますが気にしなくて構いません。

このように作成した立体図形を組み合わせることで、家などの3Dイラストを表現できます。

補足①

PowerPointで用いられる「pt」は以下の計算式で変換できます。

cm = pt / 96[px] * 2.54[cm]

標準的な利用環境の96dpiであれば、1インチが2.54cmのため「96px=2.54cm」となります。

dpiは1インチ当たりのドット数です。

球形を表現する

3D図形は立方体や直方体だけではなく、球体もあります。

球体は上記のような方法で表現することはできません。

PowerPointの別の効果を使用します。

まずは円を挿入し、「図形の効果」から「面取り」、「」を選択します。

図形を右クリックし「図形の書式設定」ダイアログを開きます。

効果」の「面取り:上」から面取りの幅と高さを編集します。

面取りの幅と高さは直径の半分にします。

このままでも立体的ですが、球体が少し輝き過ぎています。

光源」から「ソフト」を選択することで調節します。

球体と立体図形を組み合わせ、色を調節することで家のような3Dイラストを表現することが可能です。

慣れてきたらフリー素材を探すよりも素早く作成することが可能です。

描画機能と合わせて利用しても面白いです。

3Dモデリングソフトウェアや3DCADでアイソメ図を作成するよりも手軽なのが魅力です。

まとめ

PowerPointで3Dイラストを作成する方法を紹介しました。

  • PowerPointでは図形の効果で3Dを表現できる
  • 奥行きのpxはcmで編集が可能
  • 球体は面取りの効果を調節して表現できる

(Visited 5,771 times, 7 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。